父の日におすすめの猫グッズはこれ!

ハチワレ猫とは?性格や特徴、ハチワレの種類や意味、縁起が良い理由も解説

ハチワレ猫,グレー

顔に八の字を描いたような模様をしている猫を「ハチワレ」と呼び、世界中でよく見る模様といわれています。

なかでも黒と白のハチワレはとてもポピュラーな模様なので、一度は見たことがあるかもしれませんね。

猫のグッズにもよく登場して人気があるハチワレの魅力について、その特徴や種類、性格、縁起が良いといわれる理由を、ハチワレ猫のお世話係をしている筆者の視点を交えながら紹介します!

ハチワレ猫とは?

ハチワレ猫の特徴

ハチワレ猫の最大の特徴は顔の毛色が額から鼻筋を境に分かれていて、漢数字の「八」のように割れて見えることです。

「八」の上側から耳にかけては濃い色をしており、下側の鼻や口にかけては白い毛色をしています。

ハチワレは漢字で「八割れ」と書き、まさに見たままの模様が呼び名となっているのです。

ハチワレ猫にはどのような種類がある?

ハチワレと呼ばれる猫が多いため、ハチワレというのは猫の品種の名前と思われるかもしれませんが、毛色に現れる模様の呼び名であり、猫種のことを指しているわけではありません。

毛色の遺伝子によってハチワレ模様は作られるので、一般的にハチワレのほとんどが雑種といわれていますが、純血種や雑種を問わずどの猫種にも現れる可能性を持っているのです。

ハチワレに限らず、体の一部に白色が入ることをホワイトスポット(パイボールド)といいます。
ホワイトスポットに関係する遺伝子であるS遺伝子は被毛を部分的に白くするという特徴を持っています。
ですが、S遺伝子の持つ白色はお腹や足先に入りやすいといわれており、背中やしっぽに入りにくく、そこに色が出るかにも規則性がありません。

そのため口ひげが生えているような模様や眉毛のように見える模様など、個性的で特徴のあるさまざな模様が出るのも特徴の1つです。

ハチワレのカラーバリエーション

ハチワレの毛色の色は、主に次のようなバリエーションがあります。

  • 黒×白
  • グレー×白(灰ハチ)
  • サバトラのハチワレ(サバシロ)
  • キジトラのハチワレ(キジシロ・キジハチ)
  • 茶トラのハチワレ(チャシロ・チャハチ)

    この中でもスタンダードなのが白黒カラー。

    ハチワレのことを英語では「Black and White(ブラック・アンド・ホワイト)」と呼ぶほど、白黒カラーのハチワレは白黒猫を代表するカラーといえます。
    ちなみにハチワレは英語で「Black and White」の他に「Bicolor Cat(バイカラー・キャット)」とも呼ばれ、白黒以外のハチワレの場合に使われることが多くなっています。

    その他にもキジトラや茶トラ、サバトラ、グレーなどのさまざまな毛色や柄を持った猫でハチワレの模様をしている子もおり、その子たちもれっきとしたハチワレ猫です。

    キジトラのハチワレは「キジシロ」や「キジハチ」、茶トラのハチワレは「チャシロ」や「チャハチ」、グレーと白のハチワレは「灰ハチ」と呼ばれ、同じハチワレでも色や柄によって呼び方が変わってきます。

    ハチワレになる猫種バリエーション

    ハチワレになる可能性を持った代表的な猫種は次のとおり。

    • スコティッシュフォールド
    • マンチカン
    • メインクーン
    • ノルウェージャンフォレストキャット
    • 雑種

     

    雑種だけではなく、血統が認められた純血種にもハチワレ模様があらわれます。

    ただ、純血種の呼び方は血統で区別されるため、ハチワレ模様があっても「ハチワレ」とは呼びません。
    例えば、ハチワレのスコティッシュフォールドは猫種的にもスコティッシュフォールドということになります。

    一般的に「ハチワレ」と呼ばれる猫をあえて猫種で区別するならば「雑種」になります。

    雑種の猫ちゃんは毛色や柄の特徴で呼ばれることが多いよね^^

    ねお

    “ハチワレ”の意味や縁起が良いと言われる理由

    ハチワレは漢字で「八割れ」と書くと述べましたが、昔は「鉢割れ」とも書かれていました。

    「鉢」とは兜(頭)のこと指し、鼻筋の白いラインが「鉢=兜(頭)」が割れているように見えることからハチワレは縁起が悪いとされ、武士の間で疎まれていたといわれています。

    一方で商人には末広がりで縁起が良いと好まれていました。
    漢字の「八」には末広がりという意味があり、末広がりとは上から次第に末に広がっていくことを意味し、広がり栄えるという縁起の良さをあらわしています。

    武士の時代が終わって兜を被らなくなり、時代の流れとともにハチワレの漢字も「鉢」は「八」の字の意味で捉えられるようになりました。

    昔はゴミをあさったり、いたずらをする猫に対して悪い印象もあって、縁起が悪いと避けられていたのかもしれません。
    時代が過ぎるとともに猫への見方も変化して、「八割れ」だけが残ってハチワレ猫は幸運を招き入れるという持つ福猫といわれるようになったのでしょう。

    兜ってな~に?
    武士が戦う時に頭を守るために被っていたものだよ

    ねお

    ハチワレ猫の性格を種類(柄)別に解説!

    白黒ハチワレ猫の性格

    もっともポピュラーな白黒ハチワレ猫の性格は、白と黒の毛色の割合によって差があるといわれています。

    白黒猫は体全体に対する白色の被毛がどれくらいの割合かによって、3種類に分類されます。

    • ローグレード:全体で白の割合が40%未満の場合
    • バイカラー :全体で白の割合が40%以上60%未満の場合
    • ハイグレード:全体で白の割合が60%以上の場合

    基本的には人懐っこく生命力が強く、黒い被毛が多いと温和な性格をしており、白い部分が多い猫は神経質といわれています。

    我が家の白黒ハチワレは白い被毛の割合でいうとバイカラーとハイグレードのどちらかな?という微妙なところ。神経質で怖がり、ご飯よりも遊ぶのが大好き。要求が通るまで鳴き倒すという、これぞ猫という性格です(;´∀`)

    ねお

    白黒ハチワレこその性格なのか、個体差によるそもそもの性格なのか、飼い主の育て方の問題なのか多少判断が難しいところはありますね!

    茶白ハチワレ猫の性格

    茶白ハチワレ猫の性格は茶トラ猫を基準にすると、おっとりとした天真爛漫な性格の子が多いといわれています。
    茶トラ猫は遺伝子的にオスが多く、甘えん坊で人と一緒にいるのが好きな子が多いようです。

    ねおのお友達の茶白ハチワレ男子は、甘えん坊でいつも人にくっついていて、来客にもシッカリ対応してくれるとてもフレンドリーな性格。茶トラ猫の人好きとおおらかさの特徴がよく出ているよ。

    ねお

    キジトラハチワレ猫の性格

    キジトラハチワレ猫の性格はキジトラ猫を基準にすると、用心深くやんちゃな性格といわれています。

    キジトラハチワレになると少し神経質になるようですが、キジトラは野生の猫の原型ともされているため、もっとも猫の特徴があらわれやすい猫です。

    人に慣れてくるとアグレッシブに遊ぶようになりますが、知らない人が来ると途端に姿を隠してしまいます。

    サバトラハチワレ猫の性格

    サバトラ猫の性格は警戒心が強いタイプと人懐っこいタイプに分かれるといわれているため、サバトラハチワレ猫の性格もどちらかの性格になると考えられています。

    ハチワレの模様によって白色の被毛が多くなると目立ち過ぎて野生で生きていくには難しくなり、身を守るための賢さが加わって慎重な性格になります。

    純血種のハチワレ猫の性格

    純血種のハチワレ猫の性格の場合は、その猫種の血統による性格をしています。

    例えば、スコティッシュフォールドのハチワレ猫なら、スコティッシュフォールドの穏やかで人懐っこい性格の特徴がそのままあらわれるということ。

    毛色や柄による性格よりも猫種による性格はそれだけハッキリとしているといえます。

    MEMO

    猫の性格は毛色や柄によって似てくるといわれていますが、ハチワレ猫にはいろんな毛色や柄があらわれ、雑種ということもあるため性格には個体差があります。

    個体差に加えて、後天的な生活環境によっても性格は変わってくるので、必ず上記のような性格になるとは限らず、そういった性格になりやすいという程度だと考えてくださいね。

    ハチワレ猫をお迎えする方法

    里親になる

    ハチワレ猫をお迎えするためには、インターネットで里親募集サイトなどを検索する方法があります。

    動物保護団体や保健所などで保護されている猫の情報がたくさん載っており、保護団体で開催している譲渡会の情報も紹介されています。

    保護されたハチワレ猫が譲渡会に参加している場合もあります。

    今の飼い猫との運命の出会いは譲渡会!ハチワレが微妙にズレてるところに一目惚れしました(/ω\)

    ねお

    ペットショップやブリーダーから購入する

    ペットショップでもたまに雑種の猫がいる場合もありますが、純血種の猫がほとんどです。
    ハチワレ模様の猫がいるかどうかの確率は、譲渡会よりも低いかもしれません。

    純血種の猫で毛色や模様などを選びたい場合には、ブリーダーさんに直接問い合わせてみると出会いの確率は上がるかもしれません。

    まとめ

    カラーバリエーションや柄の出方も豊富なハチワレさんは外見だけじゃなく、性格もさまざま。

    どんな性格の子になのかは一緒に生活してみないとわからない部分もあって、今度はどんなことをしてくれるのかというワクワク感も味わえます。
    自分だけのオンリーワンな猫が欲しいという場合には、ハチワレ猫をおすすめですよ^^

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA