父の日におすすめの猫グッズはこれ!

ノルウェージャンフォレストキャットの典型的な8つの性格と7つの特徴

ふわふわの豊かな毛並みとアーモンドアイが特徴のノルウェージャンフォレストキャット。
人気の猫種ランキングでも上位に君臨し、どこのペットショップでも見かけることが多くなりました。

今回はノルウェージャンフォレストキャットの特徴と性格についてご紹介いたします。

ノルウェージャンフォレストキャットとはどんな猫?

ノルウェージャンフォレストキャットは、ノルウェー原産の猫です。
スカンディナビア半島を中心とした、北ヨーロッパの森林地帯に主に生息しており、現地の住民に古くから親しまれていました。

その歴史は数百年、数千年前までさかのぼるかもしないと言われています。
寒冷気候にも対応できる非常に古い品種の猫であるため、起源についてはっきりとは分かっていません。

トルコから運び込まれた長毛種(アンゴラ種)から派生したという説もありますし、メインクーンの先祖であるという説もあります。

1930年代までは品種としての認識ではなく、普通の飼い猫という認識でしたが、後に頭数の減少が問題となりました。

これを受けて1970年代に頭数の確保に対する意識が高まり、1979年にアメリカへ渡り、そして、1984年に正式に品種として公認されました。

ノルウェージャンフォレストキャットの8つの性格

好奇心旺盛

何世紀もの間、農家や主婦の為にネズミ捕り猫として働いていた歴史もあるように、探索や狩猟本能に優れている好奇心旺盛な性格です。

家の中を探索し、いろいろなものをおもちゃにして遊びます。
意外なものまでおもちゃとして遊ぶことがあるので、いたずら好きとも言えますが、一緒に生活していて退屈することがないでしょう。

温厚な性格

おおらかで穏やかな性格なので、むやみに威嚇したりすることはあまり見られません。
そのため、ノルウェージャンフォレストキャットは、無駄鳴きが少なくおとなしいと言われることが多いです。

高いところを好む

ノルウェージャンフォレストキャットは長毛猫のなかでも非常に活発で、特に子猫から若猫の時代は遊ぶことが大好きです。

元々は森で生活していた品種なので高いところに登ることが得意で、成猫になっても家の中で高いところやキャットタワーの最上部に登ったり、屋外では木に登ったりすることもあります。

とっても甘えん坊!

ノルウェージャンフォレストキャットは人との関わりやスキンシップを好みます
撫でてほしいとアピールすることや、じゃれてあそびたがることもあります。

相手をしてもらうことが大好きで、リラックスして過ごしているときも人のそばで過ごしたがる子もいます。

環境に適応しやすい

厳しい環境で生きてきたため辛抱強い、忍耐強いと言われています。
環境に適応しやすく、ストレスにも比較的強いです。
小さな子供や他のペットがしつこく構っても、辛抱強く相手をすることができます。



知的で賢い

ノルウェージャンフォレストキャットは非常に賢いです。
話しかけると返事をしたり、簡単な言葉などは分かるようになったります。
簡単な芸ならすぐに覚えることもできますよ。

他の猫や動物とも社交的

ノルウェージャンフォレストキャットは、人だけでなく他の猫や動物にも社交的です。

先に住んでいる猫や犬などその他の動物とも仲良く過ごすことができるので、ほかの品種の猫と比べると新たな家族として迎えやすいとも言われています。

寂しがり屋で臆病な側面も・・・

ノルウェージャンフォレストキャットは社交的な反面、来客があると驚いて隠れてしまうなど臆病な側面もあります。

順応性が高いので慣れればいつも通り好奇心旺盛で社交的になりますが、はじめはそっとしておいてあげるなどの配慮が必要です。
また我慢強いですがとても甘えん坊なので、長期間の留守番も注意が必要です。

ノルウェージャンフォレストキャットの7つの特徴

 

2種類の系統

ノルウェージャンフォレストキャットは、アメリカでの繁殖も盛んに行われた経緯から、全体的に線が細めで可愛らしいアメリカ系と、しっかりとした体格のヨーロッパ系の2つの系統が増えていきました。

2つのタイプに好みもあるので、ノルウェージャンフォレストキャットを迎え入れる際にはどちらのタイプが好みかを知っておくと探しやすいかもしれません。

体格

ノルウェージャンフォレストキャットは骨太で頑丈な身体つきをしています。

他の品種と比べるとやや大きめで、前足より後ろ足が長く腰が高く、長いしっぽは先の方に向かって細くなっています。全体にシャープでたくましくがっちりとした印象です。
平均的な体重は成猫のオスは4.5~7.0kg程度、メスは3.5~5.5kgとなっていますが、時には10kg近い大きい子もいます。

被毛

北欧の厳しい環境でも対応できるように、被毛は長毛のダブルコートでふわふわとした触り心地をしています。
特に首から胸にかけての襟巻きのようなふさふさの毛が特徴です。

毛質は水や雪をはじきやすいよう、固くて長いオーバーコートと、やわらかく保温性のあるアンダーコートのダブルコートになっています。

毛色

ノルウェージャンフォレストキャットの毛色や模様は実に様々です。
ブラック、ホワイト、ブルー、ブラウン、レッドなどの毛色があります。

よく見かける人気の毛色はバイカラーのタビー(縞模様)であり、単色の個体はあまり見る機会が少ないかもしれません。

運動能力が高い

ノルウェージャンフォレストキャットは、ノルウェーの森を駆け巡って狩りをして生活していたため、運動能力が高い猫種です。

しっかりした骨太の大きな体は筋肉が発達しているので、木や岩場などを登って獲物を獲ることも得意です。

屋外で運動することが大好きな猫ですが、充分に運動できるような高低差を設けた環境さえ整えてあげれば室内だけでも充分に飼育することができます。

暑さと湿気が苦手

猫は全般的に湿気が苦手と言われていますが、ノルウェージャンフォレストキャットは寒い地域で生活をしていた品種なので、特に高温多湿が苦手です。

気温の高くなる5月ごろから10月ごろまでは熱中症になりやすいので、温度や湿度の管理だけでなくサマーカットなどで対策する子もいます。

子ども時代が長い

一般的な猫の場合、生まれてから1年ほどで成猫になりますが、ノルウェージャンフォレストキャットは成猫の体に完成するまで3〜4年かかります。

そのため遊び盛りの時期や、子どもならではのかわいさが感じられる時期を存分楽しむことができます。

まとめ

今回はノルウェージャンフォレストキャットの典型的な性格や特徴についてご紹介いたしました。

温厚でフレンドリーな性格で、猫をはじめて飼う方や他の動物や小さい子供がいるおうちでも飼いやすいので、ノルウェージャンフォレストキャットとの生活をはじめてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA