父の日におすすめの猫グッズはこれ!

猫は血液型で性格は違う?種類の割合や検査料金、調べ方について

猫の血液型

人間の血液型はA型・B型・O型・AB型の4種類に分類されており、血液型の違いによって性格を診断して血液型あるあるなどで楽しんだこともあるでしょう。

人の血液型あるあるのように猫も血液型で性格は違うのでしょうか?
その前にそもそも猫にも血液型があるの?という疑問もありますよね。

ここでは、猫の血液型の種類やその割合、検査料金や調べ方など、猫の血液型について紹介していきます。

猫の血液型の種類とその割合は?

O型の猫はいない?

猫の血液型はA・B・AB型の3種類に分類されています。
猫の血液型は「猫AB式」で分類されていて、O型の猫は存在しません

人間より1種類少ないわけですが、人間の血液型を分類する「ABO式」や「Rh式」とは方法が違います。

猫の血液型の組み合わせは?

猫の血液型は人間と同じで、父猫と母猫から受け継いだ血液型遺伝子の組み合わせによって決まり、組み合わせの遺伝子型のパターンは、A型になる猫は3パターンAB型になる猫は2パターンB型になる猫は1パターンのみです。

A型になる猫A型+A型
A型+B型
A型+AB型
B型になる猫B型+B型
AB型になる猫B型+AB型
AB型+AB型

A型の遺伝子が優性であるため、B型やAB型の遺伝子を持っていても生まれてくる子猫はA型になります。
B型の猫は種類によってたまに見られる程度で、AB型の猫に至っては存在さえも貴重だとされています。

猫の血液型の割合は?

猫の血液型の割合は国や品種によって割合に違いがあり、日本では猫の90%以上がA型というデータがあります。

アメリカも日本と同様にA型の割合が高く、カナダに至っては95%がA型と日本よりも割合が高くなっています。世界でもA型が多い中、イスラエルのように約70%という国もあります。

国別に血液型の割合が変わるのは、猫種によって血液型の構成比率が変わるからのようです。

また、ブリティッシュショートヘアやペルシャ、ヒマラヤンなどの純血種は珍しいB型が多いといわれている品種としてあげられます。

猫の血液型で性格の違いはあるの?

猫の性格は血液型では決まらない

猫の性格といえば、ツンデレやマイペースなど気ままな部分を思い出すのではないでしょうか?

猫がとてもマイペースなのは、集団行動ではなく単独で行動をするためであり、自分の気分で行動を変えるのは猫にとって当たり前。気ままに見えるのは人間の視点からといえます。

血液型で人の性格を判断するのは日本の独特の文化で、海外ではあまり興味を持たれていません。
猫の血液型で性格の違いがあるのか、というとそもそも血液型が3種類しかなく、ほとんどがA型となると、ほとんどの猫が同じ性格になってしまいますよね。

猫の性格は血液型で決まらず、個体ごとにさまざまな性格を持っています。親猫の性格を引き継いでいたり、生活してきた環境によって性格は形成されていきます。

品種による性格の違い

猫の性格を知るには、どちらかといえば血液型よりも品種による性格の違いが大きいといえるでしょう。

例えば、人気が高いスコティッシュフォールドは人懐っこい甘えん坊な性格といわれています。

ですが、品種が同じ猫でも個体差が出てくるのは当たり前で、品種による性格も傾向として参考にするにとどめておいた方がよいでしょう。

生まれもった性格の傾向と生活をしていく環境や人との接し方など、一緒に生活をしていくうちに、その猫が持った本来の性格が現れてきます。

猫の血液型の検査料金や調べ方について

猫の血液型の調べ方は?

猫の血液型は動物病院で調べられますが、採取した血液サンプルを外部の検査機関に送って調べる方法血液型簡易判定キットを使う方法があります。

血液型簡易判定キットは病院側としては緊急の場合を想定して置いている可能性が高いため、通常では検査機関に送って調べる事が多く、多少時間がかかります。

検査料金はどのくらいかかる?

検査料金は病院によって違いがありますが、5,000~10,000円程度が相場となっています。

病院が好きな猫は少ないので、予防接種を受けに行く時に血液検査も受けられるかどうか確認してみましょう。
成長して病院が怖い所だと認識してしまってからよりも、血液検査ができるようになったらすぐに調べておくと、猫にとってもストレスが少ないでしょう。

外部機関に出す時間を考えると、いざとなってから調べていては手遅れになってしまう可能性も考えられますので、早めに血液検査を受けて置くと安心です。

猫の血液型を知るメリット

純血種の猫ならともかく猫のほどんどがA型だとすれば、血液型を調べる必要性を感じないかもしれませんね。

ですが、いつ何時輸血を必要とするような場面に遭遇するかもわかりません。
一刻も早く輸血を開始するには血液型がわかっていると早急に対応ができます。

緊急のために血液型簡易判定キットを常備している病院もありますが、検査をして飼い主が把握していればそれだけ時間が短縮できるのです。

人間は決まった血液型の血液しか輸血できないように、猫も違った血液型で輸血をすると拒絶反応を起こしてしまいます

輸血を受ける場合だけではなく、逆に輸血用の血液を預ける場合や出産の時にも、血液型を知っておくと安心です。

まとめ

猫の血液型について、種類や割合、血液型の調べ方などを紹介しましたが、いかがでしたか?

猫の血液型のほとんどがA型というのには驚きましたね!
マイペースといえばB型というイメージですが、人間の血液型診断だけのようですね。

血液型と性格は関係ありませんでしたが、いざという時のために猫を飼っている方は愛猫の血液型を調べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA