猫好き必見!ねこねこ55の放送予定をチェック!

ねことじいちゃんのあらすじや猫キャスト!ロケ地(撮影場所)の島についても

ねことじいちゃん

2019年2月22日の猫の日に公開される映画「じいちゃんとねこ」。

優しいタッチのイラストとほのぼのした内容が大人気のコミックエッセイを、動物業界で大活躍中のあの撮影家・岩合光昭さんが初監督をつとめて映画化されます!
さらに、主演には落語家の立川志の輔さん、いっしょに暮らす猫役にはタレント猫のベーコンくん。

さらに主演に抜擢された落語家の立川志の輔さんの他、個性豊かなタレント猫ちゃんなど見どころが満載。

猫好きはもちろん、そうでない方もきっと猫が織りなす世界観の魅力に引き込まれる作品でないでしょうか?

そんな最強の逸材によって完成した「じいちゃんとねこ」の原作についてや、あらすじキャストの紹介、さらに自然豊かなロケ地の情報をお届けします♪

映画『ねことじいちゃん』の原作やあらすじは?

『ねことじいちゃん』の原作について

ねことじいちゃん出展:nestle

 

原作は、作家ねこまきさんによるコミックエッセイです。

ねこまきさんは、名古屋のイラストレーターで、これまで多くの犬や猫の漫画、広告イラスト、アニメなどを手がけられています。

ねことじいちゃんは、ねこまきさんの代表作で雑誌「毎日が発見」でも特別編が連載されていたりなど、その癒され度満載な画風に多くの読者を魅了しています。

とにかく、絵が本当にかわいいです。
眺めているだけでやさぐれた心もじわりと癒されるような魅力があります
^^

出展:コミックエッセイ劇場

ありふれた日常の小さな幸せが愛おしくなるような作品です。
こちらから原作を入手できますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

あらすじと見どころ


2年前に奥さんに先立たれ、すでに定年退職している75歳の大吉じいちゃんは、10歳(人間でいうと50歳ほど)になる猫のタマと2人暮らし。
妻が亡くなってから料理を始めた大吉じいちゃん。料理をすると昔のことを思い出すことが多く、子どもの頃の思い出や、亡き妻との思い出が頭に浮かびます。

そんな大吉じいちゃんのそばにそっと寄り添うタマ。いっしょに散歩に出かけたり、いっしょに眠ったり。
たまに島の仲間の猫も大吉じいちゃんの元を訪れます。

大吉じいちゃんとタマの間をゆっくりと、そして静かに流れていく時間。

しかし、毎日平和なわけではありません。時にはちょっとした事件が起こってハラハラすることも。
時にドキドキ、時にジーンときて、でも普段はとても穏やかで心温まって・・・。多くの猫飼いさんが「あるある!」と思うような、猫との日常の一コマがぎゅっと詰まった作品です。

ねことじいちゃんのキャストは?

出演猫キャストの種類や名前

主人公の大吉じいちゃんのパートナー『タマ』を演じる猫ちゃんの種類は、アメリカンショートヘアのオス猫。名前はベーコンくんです。

ベーコンは、オーディションでなんと100匹以上もの猫ちゃんの中から選ばれました!
人間にもカメラにも物怖じせず喜んで駆け寄って行く姿や、大吉じいちゃん役の立川志の輔さんをじっと見つめるベーコンの姿を見て、岩合監督が気に入り大抜擢。

ベーコンは2015年生まれで年齢は4歳になる猫ちゃんですが、原作のタマは10歳。
映画版ではこのベーコンの実年齢に合わせて、タマの年齢設定が6歳とされています。

過去には、相葉雅紀さん主演の月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」や、映画「ねこあつめの家」にも出演した経歴を持つベテランのニャンタレ猫です。

「ようこそ、わが家へ」のガスくん役で出演していたんだよ^^なんとポストに詰められて怪我をした猫という難役!

nono

また、「ねこあつめの家」で共演した日本猫茶トラ♂のぽんずくん、三毛猫の小梅ちゃんらも島の猫として登場します。ベーコンくん以外の猫たちにも注目ですね!

checkニャンタレプロフィール

ベーコン(アメリカンショートヘア)

ねことじいちゃん,猫,ベーコン出典:グローバル・アニマルアクト

  • 名前:ベーコン
  • 種類:アメリカンショートヘア
  • 性別:オス
  • 年齢:2015年生まれ
  • 出演作品:
    【ドラマ】 ようこそ、わが家へ
    【映 画】ねこあつめの家・ねことじいちゃん
ぽんず(日本猫/茶トラ)

ねことじいちゃん,猫,ぽんず出典:グローバル・アニマルアクト

  • 名前:ぽんず
  • 種類:日本猫/茶トラ
  • 性別:オス
  • 年齢:?
  • 出演作品:
    【ドラマ】モヒカン家の家族会議
    【映 画】:ねこあつめの家・蚤とり侍・コーヒーが冷めないうち・ねことじいちゃん
    【広 告】:ユーレックスオイルヒーター
演技ができるなんてすごい猫ちゃんたちだね!

Aika

人間のキャストは?

【主人公】大吉じいちゃん:立川志の輔さん

飼い猫のタマと2人きりで暮らしている主人公を演じるのは、落語家の立川志の輔さん。

岩合監督のオファーにより、本作が映画初主演となりました。
本当に立川志の輔さんとベーコンくんの日常を覗いている気分になるような名演技から、目が離せません!

【ヒロイン】美智子:柴咲コウさん

都会から島へ移住しカフェを開いた若い女性・美智子を演じるのは柴咲コウさん。
彼女が猫とたわむれる姿はとても微笑ましくて、心温まること間違いなし!

【大吉の息子】剛:山中崇さん

ひとり暮らしの父を心配する息子役です。

その他の名キャスト

大吉の親友・巌:小林薫さん
大吉の亡き妻・よしえ:田中裕子さん
島の病院の若先生・健太郎:柄本佑さん

映画「ねことじいちゃん」のロケ地(撮影場所)について

ねことじいちゃんのロケ地の場所はどこ?

本作に出てくる小さな島「佐久島」は、愛知県にあります。
知多半島と渥美半島の間に広がる三河湾の、ほぼ中心に位置する島です。

面積は173ヘクタールで、東京ディズニーランドのおよそ3.5倍の広さにあたります。

アートな観光地・おひるねハウスや、バーベキューが楽しめるクラインガルテンなどがある「西港」と、これまたアートなイーストハウスや、思う存分遊べる綺麗な水の海水浴場がある「東港」に分かれていますが、西港と東港の間は5分ほどで行き来できるので、日帰りでもしっかり遊んでしっかり観光することができます。

最近は日本の各地で「猫島」と呼ばれる、猫が多く住む島がありますが、佐久島もそのひとつ。
とは言っても、実は猫島の中では佐久島は猫の数が少ないほうで、あまり意識して探し過ぎると警戒して姿を見せてくれません…。
「出会えたら嬉しいな~」くらいの軽い気持ちでいたほうが良さそうです。

「アートの島」「自然の島」「グルメの島」とも呼ばれており、それぞれの呼び名にピッタリのイベントがたくさん開催されているので、楽しみ方はたくさんあります♪

佐久島への行き方、アクセス方法は?

猫が幸せに暮らしている場所は、平和で温かい独特の空気感がありますよね。
「ねことじいちゃん」を観たあなたも『こんなに穏やかで優しい島の雰囲気をリアルで味わいたい』と思ったのではないでしょうか^^

名古屋駅から佐久島へのアクセス方法はこのルートが最もわかりやすいです。

  1. 【電車で】名鉄名古屋駅から西尾駅へ
  2. 【バスで】西尾駅から一色さかな広場へ
  3. 【フェリーで】一色さかな広場から佐久島へ

 

このように、電車、バス、フェリーと移動手段を使って佐久島に向かいます。
地図でも確認しておきましょう^^

 

1【電車で】名鉄名古屋駅から西尾駅へ

スタート地点は名鉄名古屋駅。
ルートは下記の2通りあります。

  1. 急行・吉良吉田行に乗り直通で西尾駅へ(乗換なし・時間49分)
  2. 特急豊橋行きor急行豊川稲荷行きに乗り「新安城駅」で下車。
    西尾線に乗り換えて西尾駅へ(乗換1回・時間約1時間〜1時間10分)

運賃は両方とも790円です。

2【バスで】西尾駅から一色さかな広場へ

西尾駅についたら、お次はバスでの移動になります。
駅の西側にある名鉄バス乗り場に行きましょう。

2番乗り場のバス(一色線)から降車地『一色さかな広場』を目指します。

名鉄バス一色線
  • 乗り場:西尾駅バスターミナル(2番乗り場)
  • 降り場:一色さかな広場
  • 運賃:510円
  • 乗車時間:約30分
  • 発車時刻:8:40/10:15/12:45/14:45の4本

 名鉄路線バス乗り場・路線図案内

3【フェリーで】一色港から佐久島へ

一色さかな広場に到着したら、いよいよ最後の移動手段のフェリーで佐久島を目指します。

バスの停車場所の近くに「行こうよ!佐久島」と書かれた建物がありますので、まずはそちらでフェリーのチケットを購入します。

発車時間まで待ち時間が約20分ほどありますので、お手洗いを済ませたり飲み物を飲みながらしばし待ちましょう。

フェリーが発車したら約20分ほどで佐久島に到着します。

佐久島渡船
  • 乗り場:一色港
  • 降り場:佐久島
  • 運賃:【片道】大人820円 / 小学生以下は410円
  • 乗車時間:約20分
  • 発車時刻:
    6:30/7:40/9:30/11:30/13:40/15:50/17:50の7本

 佐久島公式HP アクセス渡船情報

まとめ

大吉じいちゃんとタマ、それぞれにピッタリの配役の立川志の輔さんとベーコンくん。
心温まるストーリーにぜひ触れてみてください♪
公開日の猫の日に観に行って、猫を堪能するのも良いですね。

また、ゆっくりと時間の流れる佐久島にわたしも行ってみたくなりました。
日帰りでも十分堪能できるので、機会があれ観光に行って、願わくば現地の猫ちゃんに出会いたいですね。

そして、ゆったりした気持ちで安心して読める、素敵な原作も必見です!

猫をテーマにした映画は本当にいいものですよね。
他にも、絶対におすすめしたい感動の猫映画をセレクトしていますので、こちらも合わせて見てみてくださいね^^

猫映画おすすめ20選!猫が出てくる感動の名作を邦画・洋画・アニメ別に紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA